• HOME
  • よくある質問

よくある質問


リフォームしたいですが、何からはじめればいいですか?
小さなリフォームでも相談にのってもらえますか?
住みながらでも工事できますか?
ご近所に迷惑は掛かりますか?
とりあえず見積もりだけをお願いしてもいいですか?
工事は、何時から何時までですか?
リフォームの工事は何日くらいかかるの?
だいたいの目安として、築後何年くらいでリフォームや機器の取り替えは必要ですか?
満足いくリフォームをするポイントは?
リフォーム会社に相談したり見積もりを取ったりしたいけど、その後しつこく営業してきませんか?
女性の一人暮らしなので、どんな人が工事に来るのか不安です。
工事に来た職人さんに、お昼や休憩のお茶を出した方がいいですか?
住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?
トイレの便器を取り替えたい。選ぶポイントは?
和式トイレを洋式トイレにしたいのですが?
普通トイレを暖房便座、シャワー付便座にしたいのですが、工事は長くかかりますか?
冬場、浴室が寒くてツライのですがどうすればいいですか?
今までのキッチンの場所を移動してリフォームできますか?
お手入れが簡単できれいなキッチンにしたいのですが?
今はガスを使っているんですけど、IHに変えられますか?



リフォームしたいですが、何からはじめればいいですか?
最初にリフォームで実現したいこと、解消したい悩みを確認しましょう。

たとえば、「リビングが暗くてジメジメするし、収納スペースも狭い」

「リビングで遊ぶ子どもの様子を見ながら料理できるキッチンがいい」

「掃除のラクな浴室やトイレにしたい」

「外観を見栄えよくしたい」などなど。

「リフォームをしたい!」と思うからには、必ず何かしらの悩み、希望があるはずです。まずはこの部分をしっかりとおさえておきましょう。そして、どれだけ作業が進んでも最初に抱えていた悩みや願望を忘れないように、ご家族でこれらの悩みや希望を共有しておくことが大事です。

その上で、できる限りはっきりと具体的にリフォームのイメージを描いていきましょう。
「リビングとダイニングの間にある壁を取り払う」

「キッチンからリビングを見渡せるように、対面型がいい」

「木目調のリビングと同じ木目調のキッチン扉にしたい。」
「食器洗い乾燥機と浄水器も取り付けたい」などなど。このようにデザインから色、素材、設備まで希望をあげていくうちに具体的なリフォームのイメージができあがり、現実味を帯びてくるでしょう。イメージが固まっていれば、リフォーム担当者にも希望しているリフォームのカタチが伝わりやすく、その後の打ち合わせもスムーズに進みます。

家族全員の希望をまとめるために、リフォームノートを作り気づいたときに書き込むほか、雑誌やカタログの切り抜きを貼っておくのもよい方法ですよ。その上で優先順位をつけて、予算内でできる限り理想がかなうリフォームを実現してください。
top.jpg
小さなリフォームでも相談にのってもらえますか?
ご安心ください。
ちょっとしたリフォームでも全力でご対応させていただきます。
お客様が快適な生活を送れるよう、ご相談にのらせていただきます。
top.jpg
住みながらでも工事できますか?
一戸建てでも集合住宅でも住みながらで大丈夫です。大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1、2階に分けて工事したりできます。ただし、水まわり等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりという不便な面はでてきますので、仮設工事をするなど考慮しておく必要はあります。
top.jpg
ご近所に迷惑は掛かりますか?
工事中は絶対迷惑が掛からないとは言えません。
工事前に工事責任者がご近所にご挨拶に伺います。
もちろん、工事中は極力迷惑をかけないように配慮をいたします。
top.jpg
とりあえず見積もりだけをお願いしてもいいですか?
もちろん、お見積もりだけでも結構です。
提案内容にご納得していただいた上で、ご契約ください。
top.jpg
工事は、何時から何時までですか?
基本的には、朝8時半頃~夕方6時頃までです。
場合によっては土日も対応いたしますので、
ご要望がございましたらご連絡ください。
top.jpg
リフォームの工事は何日くらいかかりますか?
工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、一概には言えません。
あえて目安をあげるとすると、内装工事では一週間、ユニットバスの交換は3~4日、システムキッチンの交換は4~5日、内装工事と水まわりの設備の交換などの全面改装で約1ヵ月、間取り変更も含む全面改装なら約2ヶ月位です。
骨組だけを残しての全面改修は新築よりもやや短い位の工期がかかります。工程が複雑で関わる業者が増えるほど、工期は長くなります。
また、解体してみて問題が見つかることもあり、補修などの為に予定よりも工期がかかることもあります。
top.jpg
だいたいの目安として、築後何年くらいでリフォームや機器の取り替えは必要ですか?
内装、外部、住宅設備機器等また、使用材料によっても異なります。以下、大まかな目安をお答えします。

*キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの住宅設備機器
15年~20年ごと。給排水管、ガス管などもチェックしてあわせて取り替えられるといいでしょう。

*塗壁、ビニールクロス貼替、カーペット、フローリングの貼替
10年~15年ごと。

*外壁の塗替え(吹付けタイル工法)
約10年ごと。現在は、高耐久性の塗料や上から重ね貼りできるサイディング等、種類も豊富です。耐久性や予算を考慮して検討されるといいでしょう。

*屋根の塗替え(葺き替え)10年~15年ごと。※材料により異なります。屋根の場合は、割れの補修や樋の取り替えなども必要です。また、重ね葺きできる高耐久の金属屋根材などもおすすめします。
top.jpg
満足いくリフォームをするポイントは?
現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくられることをおすすめします。漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。また、リフォーム雑誌や本・インターネットなどで情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切りとったり、プリントアウトするなどして打合せに活用してください。住宅設備機器などの取り替えの場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。
top.jpg
リフォーム会社に相談したり見積もりを取ったりしたいけど、その後しつこく営業してきませんか?
弊社ではしつこい営業は一切いたしません。リフォームの場合は、個々の住まいの状況を実際に見て確認しないと正確な金額が出ないケースが多いですし、いい提案やプランもできません。お見積もり後に断っても構わないのですから、積極的にご相談なさってください。
top.jpg
女性の一人暮らしなので、どんな人が工事に来るのか不安です。
担当の職人が工事に来る際に、hana house(ハナハウス)の取締役である阿部も朝晩立会いますので、ご安心下さい。
top.jpg
工事に来た職人さんに、お昼や休憩のお茶を出した方がいいですか?
基本的に、職人への配慮はお断りしております。それによって、施工品質が変わる事は一切ありません。
top.jpg
住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
家屋の構造によってはできないリフォームがあります。
以下、代表的な構造でお答えします。

*在来工法(最も多い一般的な木造住宅) 木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

*2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅) 壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築には制限があります。

*プレハブ工法(メーカー系住宅など) メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりするには制限があります。

*鉄骨造在来工法でいう筋交と同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりするには制限があります。

*鉄筋コンクリート住宅柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。
top.jpg
増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?
増築する部屋の使用目的はもちろん、外観もよく考慮することが必要です。一階部分に既存の屋根の下に差しかけての増築が費用的には安くすみますが、天井が低くなったり、見かけも良くありません。逆に、一部を解体して既存の部分を広くする場合や平屋に2階を増築する場合などは費用も工期もかかります。また、建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要な場合もありますので住宅の地域の指定など事前に確認しておくと良いでしょう。
top.jpg
トイレの便器を取り替えたい。選ぶポイントは?
最近では、すぐれた節水タイプが多く、20年以上前の便器だと1/3、15年以上前の便器でも約1/2の水量で済みます。そして清掃性を考慮した汚れがつきにくく落ちやすい素材のものが人気です。取り替えする際におすすめなのが洗浄暖房便座です。他にも節電・脱臭・部屋暖房機能などバリエーションが豊富です。便器と一体になったデザインのものや、タンクがなくすっきりしたデザインのタンクレス便器も人気です。サイズも種類もメーカーによりいろいろ。機能、デザイン、予算に応じて検討してください
top.jpg
和式トイレを洋式トイレにしたいのですか?
現状の床や便器を全て撤去してつくり直します。洋式便器を取り付けるにあたっては排水管の位置なども考慮する必要があります。最近では、狭い和式トイレの洋式へのリフォームに適応する便器・タンクのセットや、ある程度の排水位置に対応できるリフォーム便器があります。また、あわせて洗浄暖房便座を取付されたい時は電源(コンセント)が必要になります。
top.jpg
普通トイレを暖房便座、シャワー付便座にしたいのですが、工事は長くかかりますか?
電気・給排水改修工事が必要となりますが、間取り変更を含まない工事の場合、作業は半日~1日で終わりますのでご安心下さい。
top.jpg
冬場、浴室が寒くてツライのですがどうすればいいですか?
浴室内での事故で気をつけなければならないのはつまずきや転倒、そして心筋梗塞などを引き起こす「ヒートショック」などです。ヒートショックによる年間死亡者数は、交通事故による死亡者数を上回るとも言われています。

浴室内外での温度差を少なくするためには浴室をユニットバスに変えた上で、天井部分に換気乾燥暖房機を取り付けるのが良いでしょう。家族内で入浴時間帯がまちまちな場合には天井・壁・床・浴槽に断熱材が施工されているユニットバスを選ぶ、窓ガラスを複層ガラスなどに替えるといったリフォームで保温効果を向上させましょう。

ほとんどのユニットバスは滑りにくい床材、掃除しやすい素材となっています。手すりは浴室出入り用、洗い場移動用、立ち座り用、浴槽内での姿勢保持用などがあります。身体状況と入浴動作に応じて必要箇所に取り付けましょう。
top.jpg
今までのキッチンの場所を移動してリフォームできますか?
キッチンの移動では、排気や排水の検討が必要です。吸い込みが悪くなったり、排水の勾配がとりにくく排水管がつまりやすくなったりする場合がありますので、注意が必要です。
top.jpg
お手入れが簡単できれいなキッチンにしたいのですか?
天板は機能性を重視するなら、ステンレスが一番です。汚れ落しも簡単で、いつも磨いてさえいれば大丈夫です。壁面の主流はキッチンパネルが人気です。見た目が美しい上に目地が無く、毎日のお手入れも簡単です。また、ホーローのキッチンもおすすめです。汚いもので困るのはゴミの収集場所。すっきりしたキッチンについ出っ張るのがゴミ箱。シンクの下や収納カウンターの下をオープンにしてキャスター付ダストボックスをセットしたりするのもいい方法です。
top.jpg
今はガスを使っているんですけど、IHに変えられますか?
はい。一戸建ての場合は、ほとんどの場合、問題なく変更可能です。

ただ、一戸建てとは異なり、マンションの場合、注意が必要です。ガスや電気の容量はマンション全体で決まっているため、IHクッキングヒーター等の機器を導入する際には、リフォームの施工前にあらかじめ管理組合に問い合わせる必要もあります。

また、200Vの専用回路を追加しますので、電気の契約アンペア数を増やすことが必要となる場合があります。そのため、マンションでは全体の電気容量の関係で、200V工事が行えない場合もありますので、管理組合・管理会社にご確認ください。
top.jpg

  • はじめにこちらをお読みください 春日部 hanahouse
  • リフォーム相談会